英語も学べる 日本語と名作童話
キープ電子書籍ショップ

keep

catch
タイトル
おはなし絵本6話 パックシリーズ3
むかしばなし

価格
¥800
オールカラー(日本語・英語併記)

世界と日本の名作アニメ絵本と、
生きた英語&日本語が楽しめるおはなしCDを電子書籍で。
読んで聴いて楽しく学ぶ、新しい絵本シリーズです。

この書籍を購入する

ほんのないよう

うらしまたろう

にほんごJapanese

むかし むかし、ある うみべの 村に うらしま たろうと いう わかものが すんで いました。 たろうの しごとは、りょうしです。 たろうは、毎日、毎日、あさ 早くから ふねを こいで、うみに でては、 さかなを とって くらして おりました。 空もように よって、ふりょうの 日も ありましたが、それでも 天気の いい日には、 かご いっぱいの さかなが とれます。 たろうは、つかまえて きた さかなを うっては、 ほそぼそと せいかつして いたのです。

うらしまたろう日本語版

えいごEnglish

Once upon a time, there lived a young man named Urashima Taro in a village near the sea. Taro worked as a fisherman. Day in and day out, Taro went out to sea in his rowing boat to catch fish in order to make a living. Depending on the weather, the catch could be poor on some days but when the weather was fine, he was able to catch a basketful of fish. Taro would sell the fish he caught to make a scanty living.

うらしまたろう英語版

ゆきおんな

にほんごJapanese

むかし むかし、とても さむい きたの 国 での おはなしです。 けわしい 山の おくの おく、 そこには、小さな 村が ありました。 村には、もさく という 年よりの きこりと、みのきち という わかい きこりが、二人で すんで いました。 「うーむ。 こんやは、ふぶきそうじゃのう…」 「そうだな。 早めに 山に でかけるとしよう」

ゆきおんな日本語版

えいごEnglish

This is a story about a cold land in the north many, many years ago. There was a small village deep in the rugged mountains. In this village an old lumberjack named Mosaku and a young lumberjack named Minokichi lived together. "Umm. It looks like a snow storm will be coming this evening." "Yes, let’s go into the mountain earlier than usual."

ゆきおんな英語版

おむすびころりん

にほんごJapanese

ある ところに、とても なかの よい おじいさんと おばあさんが おりました。 たきぎを とりに いく おじいさんに おばあさんは、おむすびを 手わたします。 「おなかが すいたら、たべて くださいよっ!」 「おお、なんとも うまそうじゃ。 ありがとう…」 おじいさんは、元気に 山へと でかけて いきました。

おむすびころりん日本語版

えいごEnglish

Once upon a time, there lived an old man and an old woman who were very happy together. The old woman gave the old man rice balls when he left to gather firewood. "Eat this when you get hungry." "Thank you. It looks delicious." The old man went into the hills in very good spirits.

おむすびころりん英語版

いっすんぼうし

にほんごJapanese

むかし むかしの おはなしです。 ある ところに、おじいさんと おばあさんが おりました。 二人は、なかよく くらして いましたが、一つだけ さびしい おもいを している ことが ありました。 子どもが いなかったのです。 年を とった いまでも、子どもを あきらめきれず、 毎日、かみさまに おいのり していました。

いっすんぼうし日本語版

えいごEnglish

Once upon a time, a long, long time ago, there lived an old man and an old woman. The two were very kind people but there was one thing that made them very sad. They had no children. Although they were very old, they prayed to god every day for a child.

いっすんぼうし英語版

かさじぞう

にほんごJapanese

おおみそかの さむい さむい よる。まずしい おじいさんと おばあさんには、おもちを つくための おこめすら ありませんでした。「このままでは、お正月が むかえられませんねぇ……」こまって しまった、おじいさんと おばあさん。

かさじぞう日本語版

えいごEnglish

It was the last day of the year and very,very cold.the poor old man and old woman did not have any rice to make rice cakes."We cannot greet the New Year like this."The old man and old woman did not know what to do.

かさじぞう英語版

12支のはなし

にほんごJapanese

とある 山の てっぺんに、たのしい ことが だいすきな かみさまが すんで いました。 かみさまは、もうすぐ やって くる お正月を どうやって いわおうかと かんがえて いる ところでした。 「うーん… おっ、あれは、なんじゃぁ?」 かみさまが ふもとを ながめると、どうぶつたちが おおぜい あつまって いました。

12支のはなし日本語版

えいごEnglish

On the top of a certain mountain, there lived a god who was very fond of having fun. The god was wondering how to celebrate the New Year that would soon be arriving. "Hum…Huh? what is that?" When the god looked down at the foot of the mountain, many animals were gathering.

12支のはなし英語版